【有機座NEWS!】

◆週刊メルマガ好評発刊中!
実践・スタニスラフスキーシステム連載中。所属アーティストの月替わりコラムもスタート。もちろん購読無料です。 ☆メルマガはこちら☆

◆演技研究会 参加者募集!
毎週金曜日18時〜&不定期に月曜日も開催中。※有料。ご興味ある方はメールyoukey@youkey.bizまでご連絡下さい。見学も随時受け付け中!
◆毎日ぽちっと↓
にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

archives

stickam

天気予報

カウンター

ブログパーツUL5

podfeed

演目について

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

団長の長通です。

稽古日誌にしようと考えたのですが、内容的に、稽古の事とはかけ離れてしまいそうなので、カテゴリーを自分の場所にしました。

というのも、同じ劇団員数名に、次回、所属俳優の一条君と共演することになっている演目を間違えられているということを、指摘しようと思ったのです。

ブログに公開する前に指摘するべきじゃないの?と思われるかも知れませんが・・・そこはあえて、タイトルの話が出来るいい機会だと思い、そのままにしました。

一条君と次回やろうとしている演目は「料理昇降機」ではなく「ダム・ウェイター」なのです。

もともと、イギリスのハロルド・ピンターという作家さんが書かれた作品なのですが、日本語訳だと、料理昇降機とされているのです。といって、翻訳家さんに喧嘩を売るつもりは毛頭ありません。

ただ、共演する一条君と僕が議論を重ねた結果として、「ダム・ウェイター」のほうが我々がやろうとしている解釈により近いのではないか、という結論になったのです。

外国語から日本語に翻訳した際のニュアンスの伝え方。また日本語から外国語に翻訳した際のニュアンスの違い。これはかなり難しいものだと思います。

これは、身近なところでも見つけることが出来るのではないでしょうか?

8月12日(金)演技研究会稽古日誌

有機座ブログをご覧の皆様。
はじめまして。森永たえこです。

今回初めて稽古日誌をつけさせていただきます(`・ω・´)ゞ

日が空いての稽古日誌になってしまって申し訳ありません。。。





12日の稽古には、事務所の先輩、桃さんも見学にいらしていて、みんな若干緊張気味(←ぁ、もしかしたら『みんな』っていうか『わたしだけ』だったかもしれません(爆))。
いつものように滑舌と鼻濁音をやった後、白波五人衆をやって…


滑舌は、自分の不得意とする段(『あ行』とか『ば行』とか)を選択して稽古するのですが。

これがもう。必死すぎて口が歪みます。


…まだまだまーだまだ精進が必要です。(´・ω・`)




白波五人衆が終わると、今回初めてのテキストに挑戦しました。



詩なのですが…




『とにかくはしゃぐ』!!!!!!


ということが如何に大変かということを痛感いたしました。


↑そんな稽古の一場面。





毎回、稽古では得るモノ、得なければならないモノが多すぎて、キャパシティの広くないわたしの頭では消化不良を起こしかねないくらいなのですが…
家に帰ってちょっとずつでも消化できるように、日々自分なりに噛み砕く作業を頑張ってます。



…頑張りますっ!!!




暑い夏はまだまだ続きそうです。
ブログをご覧の皆様も、熱中症にはお気をつけくださいね!

ではではっ!
森永たえこでしたっ(`・ω・´)ゞ
JUGEMテーマ:演劇・舞台



8月2日 稽古日誌。

この日も…暑かったんだか寒かったんだか…日が経って、忘れてしまいました…。
こんにちは。
斎賀ひなです。
久し振りの稽古日誌担当です。
毎日不安定な天候ですが、皆様お元気ですか?

さて。
この日の稽古も、ここのところ定例になりつつある、『料理昇降機』→『バーサよりよろしく』という流れ。

『料理昇降機』
長通克佳と一条知弘による2人芝居。
ジャンルとしては不条理劇になるので、芝居そのものもそうですが、内容的にも、観ているこちら側も色々と考えるのが楽しい作品です。

台詞も流れも少しずつ2人の中に入って来たのかな、というところで、じわじわと変化の見られた今回。
今は余計なことも沢山入り込みますが、それを足掛かりに、余分なものを削っていく作業を重ね、ブラッシュアップしていって欲しいものです。
作品の持つリズムにばっちり乗れた時、劇的に変化するんじゃないかな、と個人的には今後をとても楽しみにしているところです。

『バーサよりよろしく』
こちらは私も出演する作品。
実は私が未だに台詞に四苦八苦していたりします…。
言い回しを微妙に変えた台詞が多いのと、感情の起伏が激しいのとで、覚えたつもりがその場では出て来なくなる…ということが多いんです。。
じ、次回こそは;

この日は頭から途中まででしたが、前半部分のほうが相手役の桃ちゃん(翠野桃)と一緒に作る"間"が大事な部分が多いので、まだまだ調整課題は多いなということを再確認しました。
バーサの持つ不安定なリズムが、早く私の中に確立され、馴染んでいって欲しいところです。

バーサの持つ哀しさ、苦しみ…というより、そこから生まれるバーサの在り方は、私が普段、力技で捻じ伏せてしまったり、目を逸らしてしまったり、そこへは行くまいと踏ん張ったりするラインの向こうに属する種類のものなので、なかなかその真ん中に自分をどっぷり置けなかったりしています。
でも、面白いのは、既にその只中に身を置いている筈のバーサにも、同じ葛藤や抵抗が見えることです。
自分が自分として立っていること、それとは関係ナシに世の中は回り時間も過ぎていくこと、自分自身ですらも思い通りにならないこと…形は違えど、誰もが持つ苦悩がそこにはあるんじゃないかな、と思います。
そして、それでもバーサが最後に選び取ったもの…。
うーん、早くブレーキを壊して、アクセル全開にしたいものです。


7月26日(火)稽古日誌

JUGEMテーマ:演劇・舞台


こんばんは!翠野桃です!冷え冷え桃が美味しい季節ですね(笑)
さて、今週の火曜日の稽古日誌です。

18時ぐらいから1時間以上は各自でストレッチや発声、かつ舌などのアップ。
メンバーが揃ったところで、舞台稽古に入ります。
団長の長通克佳(じょーじ)さんと一条君による二人芝居、
ハロルド・ピンターの「料理昇降機」。
1時間強の演技時間になり、途中で止めずに稽古しています。
そのため、途中で何かあっても現場処理。現場処理。
見ている方は、現場処理は芝居の生が伝わって面白いんですが。
実際、演者側だったら、ひるまず要集中なわけです。
毎回、各所工夫されているようです。
楽しみです☆

そして、テネシーの「バーサよりよろしく」の後半部分を少し。
演出の指導と役者同士での話し合いもありました。
私、こちらに出演するんです。
作品を作り上げるうえで、もっと役者同士の交流をしながら作っていきたいと思ってます。
役者個人で勉強したり、準備したりすることも当然大事ですが、
今はもっと回数を重ねたいのが本音です。
今回は後半を1回しかできなかったんで、
「もっと、やりたーい、時間欲しい」という心の声。
相手あっての作品ですので、稽古を重ねることで発見することがあるはず。
来週も楽しみです。


演技好きです。楽しむためにも、真摯に作品と向き合いたいと思います。

では、また〜

久々に

JUGEMテーマ:日記・一般


こんばんは!翠野桃です。久しぶりに観劇してきました。
「ニッポン無責任新世代」シアタークリエにて。
とっても元気になりました。俳優さん方のお芝居も勉強になりましたし。
CA3H01210001.jpg



舞台の空気は好きです☆早く私も再び、舞台に〜〜。
ただいま稽古中の有機座公演は秋予定です。
劇場や詳細が決まったら告知します。
ぜひ、いらしてください〜

翠野桃


有機ブログ番外編〜三重県から〜

110723_1327~02.jpg
ども!いちともです(^w^)
前回も書いたように僕は今三重県におるのです!

三重もまぁアヂーでず(-o-;)


本日やっと伊勢神宮にも足を運ぶ事が出来ました。


伊勢神宮…ご存知ですか?

日本の神社の本宗で、江戸時代には多くの人が、一生に一度で良いからお伊勢参りに行きたいと願っていました。しかし旅費に莫大なお金がかかるため、そう簡単にお参りに行ける訳ではありませんでした。

昔に比べ、誰でもすぐに行けるようになった今、是非とも行って、悠久の時を感じて頂きたい。


広大な敷地の中、とても太くどっしりとした幹の御神木や、ゆったりと流れる川からも何か教わったような木がします(⌒〜⌒)


また,伊勢神宮の手前にある『おかげ横丁』には、伊勢が最も賑わった江戸後期から〜明治初期の風情を再現した53店舗が軒を連ねていますd(^◇^)
見て楽しい(ε▽ε)食べて楽しい場所ですよ(ε▽☆)

充電中………


☆一条 知弘☆


お世話になってます

 ダイエットに夢中で、ご飯を食べ忘れていたら、夏バテ(?)のせいで、熱中症になるわ高熱が出るわで、大変な目にアイマシタ・・・

やっぱり、ゴハンは大切よん☆


さて、最近お世話になっているグッズです



いわゆる、マッサージブラシですっ☆

これで脂肪をゴシゴシゴシ(`・ω・´)

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ!!

帰省

110720_0733~01.jpg
おはようございます、一条知弘です。

本日から一週間程帰省させて頂きます〜。

名古屋駅で夜行バスを降り、三重県は津市に参りました(・o・)ノ

そう、僕は三重県出身です。

三重は良いですよ〜……おっと、長くなり過ぎちゃうので、三重の魅力はまたの機会に小出しでお伝えしましょうか。
出来れば今すぐ皆さんに足を運んで頂きたいですけど(^w^)

今回、丁度台風に直撃か!?と思ったんですが、バスも電車も順調に走ってます。
昨日夕方からニュースも見ていないので…台風の行方が気になっているんですが(‘o‘)


…ではまた後程☆

☆一条 知弘☆

7月12日 稽古日誌

 場所は都内渋谷区某所。

とある施設にて、稽古を行う。

夏を感じながらの稽古。参加者は元気そうだ。

まずは各々におけるアップ。
初参加者はまず、ここで戸惑う。

アップといえば、全員参加で、誰かが仕切り、全員によるストレッチ、発声練習を行うことが多い。

しかし、当劇団では、その形式でのアップはあまり行わない。
初心者には経験者や、指導者がマンツーマンで付き、指導していく。

そして夫々の顔や、動きを観察し、台本に入っていく。ここには無言におけるコミュニケーションが存在する。


僕はこの流れが好きだ。

言葉に頼らない、コミュニケーションの実践である。

一通りの立ち稽古をし、共演者同士の修正や、意見のすり合わせ、演出との対話。

すべてにおいて、ともに同じ時間をすごして培った共通言語の上に成り立っているので、お互いの理解も深まる。

ここに 『劇団とは何か』 という意味が隠されているだろう。


執筆者 団長

ウソみたいだけど…


10日で5Kg痩せましたぁ

と言っても、見た目や触り心地はほとんど変わってないけど(´:ω:`)


どうやって〜〜(´∀`)??と聞かれるんだけど…

運動量増やして、食事量減らしているだけと答えると、皆バツが悪そうになるのは何でだ(笑)

<< | 2/22PAGES | >>