【有機座NEWS!】

◆週刊メルマガ好評発刊中!
実践・スタニスラフスキーシステム連載中。所属アーティストの月替わりコラムもスタート。もちろん購読無料です。 ☆メルマガはこちら☆

◆演技研究会 参加者募集!
毎週金曜日18時〜&不定期に月曜日も開催中。※有料。ご興味ある方はメールyoukey@youkey.bizまでご連絡下さい。見学も随時受け付け中!
◆毎日ぽちっと↓
にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

archives

stickam

天気予報

カウンター

ブログパーツUL5

podfeed

銀漱コラム vol.14

JUGEMテーマ:演劇・舞台


『前回に続き数回に渡り「身体的行動 (精神生理学的行動) 」つい、少し長くなります。

まず、リクエストのお答え?から
「身体的行動 (精神生理学的行動)」とは、並行表記です。以前から、システム関連の出版物では「身体的行動 」と表記されていますが、この言葉もスタニスラフスキー自身が適当な言葉を見つけられず、暫定的に用いた造語でした。その後の研究と翻訳研究から、「精神生理学的行動」の方が、より具体的で適切だと言う動きが強まり、我々も、これに習いました。この他にも、「超課題」が「超目標」「超目的」に移行中などが有ります。

ではこの「身体的行動」、一部の指導者は、マイム或いはゼスチャーの訓練だと解釈している方もいらっしゃいます。
初期の訓練では、それに近い部分も有りますが、ここで言う「身体的行動 」は「精神生理学的行動」を意味し、内的・外的行動と精神的行動の強い相互関係を含んでいます。
システムでは、俳優にとってまず第一に必要な事は、正しく、かつ最も初歩的でシンプルな分かりやすい身体行動を発見する事。そして、それらに対する内面的な衝動から始めなさい、と説いています。
人間は人前に出た時、内外に色々な緊張が現れます。このストレスはシステムの例でも、舞台上の椅子にただ座りなさいと言われても、演者は過度の緊張に囚われる事が知られています。
この精神的(内的)緊張と肉体的(外的)緊張は、俳優の創造過程では弊害になります。
日常生活では、歩くこと、ビンのふたを開ける事などは、ほぼ無意識に、かつ最低限の消費エネルギーで正確にこなします。これが、舞台・カメラ前では不必要な筋肉の動き(緊張)が現れます。

まず、初期の訓練段階では、日常的動作を実際には物を持たず、無対象で再現していきます。ごくごく簡単な動作から始めます。

この時、日常での筋肉の動きをよく観察し(感じ)、これを無理なく再現出来るまで根気欲続けます。一度にいくつもの事を行わず、例えば、「ペットボトルのふたを開ける」事を始めたら、習得出来るまでこれだけを続けます。中途半端にして次の行動を訓練すると、段々雑になり最終的に、時間の浪費に終わります。一つが出来るとコツを覚え、次から次第に、習得にかかる時間が短縮されて行きます。あせって雑にしない事です。この時点では、マイムの訓練に似ています。しかし、マイムより強く意識すべきは、無対象物を強力にイメージしてそれを扱う事です。これは後の「公開の孤独」「内的ビジョン」の為にも必ず心がける事です。
軽く見てはいけません。これは役の生活の半分以上の部分に値する事になります。プロのオペラの歌手も楽器の演奏家もスポーツ選手も、毎日基礎訓練の為の時間を作り、日々体をチューニングしています。なのに何故、役者はそれを行わないのか、不思議でなりません。

次回は、単純動作から「貫通行動」へのプロセスの予定です。』 (2010年7月19日号より)


メルマガに掲載された大ボスの原稿を、まとめていつでも読めるよう、こちらに転載しています。
ご興味持たれた方は、メルマガの購読をぜひ^^

■プロダクション有機事務所 メルマガ
http://merumo.ne.jp/00571675.html


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック