【有機座NEWS!】

◆週刊メルマガ好評発刊中!
実践・スタニスラフスキーシステム連載中。所属アーティストの月替わりコラムもスタート。もちろん購読無料です。 ☆メルマガはこちら☆

◆演技研究会 参加者募集!
毎週金曜日18時〜&不定期に月曜日も開催中。※有料。ご興味ある方はメールyoukey@youkey.bizまでご連絡下さい。見学も随時受け付け中!
◆毎日ぽちっと↓
にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

archives

stickam

天気予報

カウンター

ブログパーツUL5

podfeed

8月2日 稽古日誌。

この日も…暑かったんだか寒かったんだか…日が経って、忘れてしまいました…。
こんにちは。
斎賀ひなです。
久し振りの稽古日誌担当です。
毎日不安定な天候ですが、皆様お元気ですか?

さて。
この日の稽古も、ここのところ定例になりつつある、『料理昇降機』→『バーサよりよろしく』という流れ。

『料理昇降機』
長通克佳と一条知弘による2人芝居。
ジャンルとしては不条理劇になるので、芝居そのものもそうですが、内容的にも、観ているこちら側も色々と考えるのが楽しい作品です。

台詞も流れも少しずつ2人の中に入って来たのかな、というところで、じわじわと変化の見られた今回。
今は余計なことも沢山入り込みますが、それを足掛かりに、余分なものを削っていく作業を重ね、ブラッシュアップしていって欲しいものです。
作品の持つリズムにばっちり乗れた時、劇的に変化するんじゃないかな、と個人的には今後をとても楽しみにしているところです。

『バーサよりよろしく』
こちらは私も出演する作品。
実は私が未だに台詞に四苦八苦していたりします…。
言い回しを微妙に変えた台詞が多いのと、感情の起伏が激しいのとで、覚えたつもりがその場では出て来なくなる…ということが多いんです。。
じ、次回こそは;

この日は頭から途中まででしたが、前半部分のほうが相手役の桃ちゃん(翠野桃)と一緒に作る"間"が大事な部分が多いので、まだまだ調整課題は多いなということを再確認しました。
バーサの持つ不安定なリズムが、早く私の中に確立され、馴染んでいって欲しいところです。

バーサの持つ哀しさ、苦しみ…というより、そこから生まれるバーサの在り方は、私が普段、力技で捻じ伏せてしまったり、目を逸らしてしまったり、そこへは行くまいと踏ん張ったりするラインの向こうに属する種類のものなので、なかなかその真ん中に自分をどっぷり置けなかったりしています。
でも、面白いのは、既にその只中に身を置いている筈のバーサにも、同じ葛藤や抵抗が見えることです。
自分が自分として立っていること、それとは関係ナシに世の中は回り時間も過ぎていくこと、自分自身ですらも思い通りにならないこと…形は違えど、誰もが持つ苦悩がそこにはあるんじゃないかな、と思います。
そして、それでもバーサが最後に選び取ったもの…。
うーん、早くブレーキを壊して、アクセル全開にしたいものです。


7月26日(火)稽古日誌

JUGEMテーマ:演劇・舞台


こんばんは!翠野桃です!冷え冷え桃が美味しい季節ですね(笑)
さて、今週の火曜日の稽古日誌です。

18時ぐらいから1時間以上は各自でストレッチや発声、かつ舌などのアップ。
メンバーが揃ったところで、舞台稽古に入ります。
団長の長通克佳(じょーじ)さんと一条君による二人芝居、
ハロルド・ピンターの「料理昇降機」。
1時間強の演技時間になり、途中で止めずに稽古しています。
そのため、途中で何かあっても現場処理。現場処理。
見ている方は、現場処理は芝居の生が伝わって面白いんですが。
実際、演者側だったら、ひるまず要集中なわけです。
毎回、各所工夫されているようです。
楽しみです☆

そして、テネシーの「バーサよりよろしく」の後半部分を少し。
演出の指導と役者同士での話し合いもありました。
私、こちらに出演するんです。
作品を作り上げるうえで、もっと役者同士の交流をしながら作っていきたいと思ってます。
役者個人で勉強したり、準備したりすることも当然大事ですが、
今はもっと回数を重ねたいのが本音です。
今回は後半を1回しかできなかったんで、
「もっと、やりたーい、時間欲しい」という心の声。
相手あっての作品ですので、稽古を重ねることで発見することがあるはず。
来週も楽しみです。


演技好きです。楽しむためにも、真摯に作品と向き合いたいと思います。

では、また〜

7月12日 稽古日誌

 場所は都内渋谷区某所。

とある施設にて、稽古を行う。

夏を感じながらの稽古。参加者は元気そうだ。

まずは各々におけるアップ。
初参加者はまず、ここで戸惑う。

アップといえば、全員参加で、誰かが仕切り、全員によるストレッチ、発声練習を行うことが多い。

しかし、当劇団では、その形式でのアップはあまり行わない。
初心者には経験者や、指導者がマンツーマンで付き、指導していく。

そして夫々の顔や、動きを観察し、台本に入っていく。ここには無言におけるコミュニケーションが存在する。


僕はこの流れが好きだ。

言葉に頼らない、コミュニケーションの実践である。

一通りの立ち稽古をし、共演者同士の修正や、意見のすり合わせ、演出との対話。

すべてにおいて、ともに同じ時間をすごして培った共通言語の上に成り立っているので、お互いの理解も深まる。

ここに 『劇団とは何か』 という意味が隠されているだろう。


執筆者 団長

6月最後の稽古日誌

 
このブログでは、はじめまして!
夏目陽香(なつめはるか)です。




昨日で6月最後の稽古でした♪
今回から私も稽古日誌を書かせてもらうことになりました。



↑は「バーサよりよろしく」の稽古風景で、桃さんとひなさんです。
台詞と動き確認を主にしていました。

似たような台詞が多いのでとても大変そう…。。


↑は社長に隠し撮りされました(笑)
私と、途中から参加した優香ちゃんです。

優香ちゃんとは今同じ役を交互にやっているので、
私と違うやり方を見る事が出来るのも毎回楽しみなのです。


それとうしろでは長通さんと一条さんが読み合わせをしていたり。






こういうお芝居をみんなで稽古するのは初めての事なので
毎回毎回、思うことや感じることが多すぎて…
正直頭がいっぱいいっぱいになったりしています。。

でも、その自分の中で生まれたものは全部大事に!
これからも稽古に励んでいきたいと思います。




 夏目陽香



6・07 (火) 稽古日誌

JUGEMテーマ:演劇・舞台
  はじめまして。山崎了と申します。


 今週から僕も稽古日誌の記録に参加することになりました。

 劇団や舞台の稽古というものを体験したことがない人間だったので、最初はどういう工程でどういった稽古をするのか分からず緊張していましたが、最近は少しずつ慣れてきたと思います。



 今週はウォーミングアップの後、エチュードを幾つかさせて頂きました。

 「バス停の待ち時間」のエチュード。

 お互いの距離から演技が始まるエチュード。

 どれも文字だけで見ると抽象的に見えますが、色んな情報からストーリーを読み取らなければならなかったり、相手との距離が伝える舞台の空気など、実際には勉強すべき具体的な点がとても多かったです。まだまだ勉強不足ですね。頑張ります。






↑エチュード中




↑エチュード後のネタばらし



 山崎 了

5・31(火)稽古日誌

JUGEMテーマ:演劇・舞台

お久しぶりです!翠野桃です!
先日は久々に稽古に参加できました。
実は体調等の諸事情でしばらくお休みしてました。
久々に舞台稽古に参加できて嬉しかったです。

稽古は、みんなでウォーミングアップの後、
テネシーウィリアムズの「財産没収」の読み合わせ。
→短編集を公演する予定ですので、舞台全体のストーリーテラーの稽古。
→テネシーの「バーサよりよろしく」の立ち稽古。
→テネシーの「踏みにじられたペチュニア事件」の部分稽古。

昨年稽古していたテネシーをもう一度構築。
「バーサよりよろしく」は新しく取り組みます。
今回はバーサとペチュニアに新人が参加します。
思考錯誤しながら取り組んでいる様子、
悩みながらも作品に真摯な姿勢、刺激になります。
そして、一緒に作品を作るので楽しみです。


5.31稽古風景
【撮影:一条知弘】
写真は「バーサよりよろしく」稽古

今回の日誌は以上です!



さて、次週の稽古日誌は?
新人さんにお願いしましょうか☆お楽しみに!

5/24(火)稽古日誌

なかなか更新できて無いですね;;
皆様、申し訳無いです。
一条 知弘です。

さて、今回の稽古なんですが、『踏みにじられたペチュニア事件』をやらせて頂きました。

テネシーウィリアムズ作品の中で、唯一のファンタジー物です。

その中でもかなりおいしい役を頂いている自分なのですが……


今回新人が2名いた事もあり、僕ったら上手くやろうとか、馬鹿な事ばかりで、作品が伝えたい事,役が伝えたい事をおろそかにしてしまい(-o-;)


結局相手との交流も何も無い、嘘で固められた

中身が空っぽな、僕はただの自己満足なもので終えてしまいました。


一度台本から外れてしまうと、なかなか軌道修正も効かず、
統制のとれて無い動きと台詞への依存;;

とてもコワいものと感じたと同時に、良い経験になりました☆

より精進して参りますm(_ _)m


☆一条 知弘☆

 4月26日 稽古日誌

 久々の稽古日誌です

本日は、踏みにじられたペチュニア事件をメインに稽古。

新メンバーの、山崎了君を交えての立ち稽古

色々な先輩方のだめ出しに真剣に聞き入っていました。

役として、舞台に登場する前と、後を作りこんだり。

手足の動きにる演じる上での嘘をなくしたり。

駄目だしでいっぱいいっぱいになったあと、リラックスのために、ウォーキングの練習。

一度、何年もかけ身についてしまった癖というものは、簡単には抜けるものではないです。

まして、日常において、無意識になっていたものを、意識化におくことは大変な労力だと思います。

しかし、徐々に慣らしていくことによって、立ち振る舞いも洗練されたものになっていくのだと思います。

20年かけてついてしまった癖は、20年かけて直すつもりで、努力しましょうと、誰かが言っていました^^

焦らず日々の努力ですね〜^^
彼が、筋肉痛になっていないか気になります(笑)

1月18日(火)稽古日誌

JUGEMテーマ:演劇・舞台

こんにちは!翠野桃です。今年も宜しくお願いします。

最近、風邪やノロウイルスが流行っています。皆様はお元気でしょうか。
私は食べすぎ注意報(笑)今年の目標は少し痩せること。

先日の稽古ですが、団員が2人も風邪や体調不良で少数での稽古となりました。
少数すぎて稽古ができるのか??と不安がありましたが、稽古できることはあるっ!
ってことで強行しました。
メンバーが揃っている場に演出をつけてもらい、少し前進。
その場も今までメンバーが揃った稽古があまりできていなかったので、かなり助かりました。

私の感想。。
寒いので身体のアップをいつもより、たっぷりやらないと舞台に立てる身体にならないorz
本当に基礎稽古の大切さを実感します。
身体の準備ができていないまま、無理に声を張り上げたり動くのは、
余計身体に負担がかかり今後に悪影響だな、と思った稽古でした。

特に我々役者は健康な身体があってこそ。

来週はみんな元気に稽古できますように。
私も体調管理に気をつけます。


来週の稽古日誌は誰かな??お楽しみに〜

1月4日:稽古始め

JUGEMテーマ:演劇・舞台

明けましておめでとうございます
本年も劇団有機座をよろしくお願いいたします。

早速、1月4日に稽古始め。


年始にも関わらず、稽古見学者が二名いらっしゃいました。
ちょっとだけ、サービスで、普段われわれがやっている訓練の一部を一緒に体験。

内容は内緒です(笑)

頭で考えてても、実際やってみるとなると、難しいことを確認してもらえたのではないでしょうか。
しかし、これらは、日常的に、ごく普通にしていることなのです。それなのに、いざ、舞台や、人の目の前にしてしてみると、これが不思議と出来ないものだったりします。

なぜなのか。そしてどうしたらいいのか。

それは、しっかりしたシステムに基づいた理論を理解し、かつ、その理論に基づいた身体行動の訓練を重ねていくことではないかと思います。

それは一日や二日で出来るようなものではありません。
何日も何年もかけて、日々訓練を重ねていくことで、身についていくものです。
その身についたものが、舞台や、カメラの前で、有機的な演技として生まれるわけです。

とまぁ、堅苦しく書きましたが、実際の稽古場はこんなに堅苦しくないです(笑)
リラックスした精神の元、自由な演技が出来るような空間を作ることを心がけています。




| 1/5PAGES | >>